一番最初に購入した車

私が一番最初に購入した車は、マツダ社の「デミオ」でした。新古車という形で購入したので、価格も手頃で車体もとてもキレイでした。県外で就職していたので、実家に帰省する際は数時間運転しなければいけません。高速道路や山道を長時間運転する事になる為、乗用車を購入したのです。運転は苦手でしたが、自分の車を持てた事がすごく嬉しくて、車に名前をつけていました。

購入前にディーラーでデミオを試乗させてもらいました。担当営業の方に同乗していただき、実際に道路を走ってみました。運転しやすい上、サイズも自分に合っていたので早速契約しました。何度か車をぶつけてしまい修理をしました。また、タイヤのホイルを変えたり、タイヤをの厚さを変えたりしました。自分だけのオリジナル車にしたくて改造を加えました。この車が大好きでしたが、8年程乗り回し、軽自動車に買い替える事になりました。

デミオを下取りしてもらいましたが、年式が古かったので、もう廃車になるだろうと営業の方に言われました。それを聞いた時、とても寂しい気持ちになったのを覚えています。現在は軽自動車に乗り換え、この車にも名前をつけました。以前乗っていた車同様、大切に乗り続けていこうと思います。

コンパクトカーを新車で購入しました。

マニュアルの軽自動車に乗っていましたが、最近の軽は本体価格が高いですね。
(ランニングコストは圧倒的に安いのですが)

そろそろ遠出をしたいということもあって、コンパクトカーを検討していました。

車種はスズキのスイフトの1.2です。

職場の上司に車に詳しい人がおり、オススメを聞いていたのですが、上司はスズキを勧めていました。
そこで出てきた名前がスイフトだったのです。
でもスイフトって、レッドとかイエローのイメージが強いですよね。

軽の調子が悪くなったこともあって、いつもメンテナンスしてくれる地元のディーラーさんに行ったときに、スイフトについて聞きました。
同じスズキのラパンが良かったのですが、マニュアル車は150万超。
スイフトのCSV車を勧められました。
カタログを見たら、レッドやイエローというのはスイフトスポーツの方で、一般的なスイフトにはベーシックなカラーもそろっています。

ベーシックな色がある、CSV車、軽よりも少しだけ大きいサイズという3点が決め手になって、スズキのスイフトに決定しました。

新車購入あれこれ

車の購入は高額なだけあって定価をすぐにとはいきませんよね。新車となるとオプションはどうしようとか、今持っている車の査定はいくらになるかとか、値引きって一体いくらくらいが相場なのか・・・わかわないことだらけです。過去に車を2台購入した事がありましたが、1度目は中古車で大失敗。当時まだ若く初めての購入を若い小娘が一人でしかも即決。言いなりのような状況で実際より高額で購入してしまいました。とゆうことは車屋さんは大儲けだったのかもしれませんが、消費者目線からするととても後悔がのこります。中古車はある程度知識もないとこわいと思い次は新車を購入。でも、ここでも値引き交渉などの知識も技術もなく、あまり話し合いをすることもなく購入。それから9年経ちまた新車を購入することを決めましたが、今までのような買い方はしないぞと意気込んでいました。まずは近所のディーラーに行って話を聞き新車自体の見積りと下取り車の見積りをとりそれをもって隣の市のディーラーへ。そこでもそれぞれの見積りをとって帰宅。次の週までにもらったパンフレットをよく見ながらどうしても欲しいオプションとあったらいいなくらいのオプションを仕分け。そして初めに行ったディーラーへ行って他店での見積り結果を見てもらい値引き交渉。オプションについてもどれがほしいなということを明確に伝えました。そしてもう少し考えたいと一度帰宅しネットで値引き幅などを市場調査。そのあと同じ価格帯の他のディーラーへ行って見積りを依頼し比較。もう一度初めのディーラーへ来店し悩んでいると話すと最終的に値引き幅がネットで調べた最高額ほどになり、あとは下取り価格をもう少し高くしてくれるということになりました。ここで終わっても十分かともおもいましたが、わたしはこの結果を自分が加入している自動車保険の担当の方に相談。するとこの条件よりも頑張れそうなディーラーを紹介するといわれ、保険屋さんも同席しての交渉となりました。値引きはもちろん、下取り価格やオプションも増えました。どんなからくりがあるのかわかりませんが、保険屋さんは自動車整備工場を持っており自分で下取り車を売却出来た事は大きかったかもしれません。実際に私が行った交渉は購入までに3カ月近くかかりましたが、今回は納得がいくものだったと思います。