実際にエンジンを掛けてみて、下取りが決定されました。

8年前に、ダイハツのエッセを新車で購入しました。その時はマツダのファミリアからの買い替えでした。そのファミリアは、新車で購入してから、9年ほど乗ったものでした。走行距離は約6万㎞ほどでしたが、9年も乗っているので、下取りしてもらえるかどうか心配していました。
さて、ダイハツのエッセは、近所の自動車屋で購入しました。そして、そこの社長を通して購入したのでした。購入の手続きの途中で、社長が私の家まできて、ファミリアのエンジンを実際に掛けてみたのでした。そして、これならばということで、10万円で下取りしてもらえることになったのでした。
その後、わたしの乗っていたファミリアは、新聞広告に20万円の価格で売りだされていました。そして、どこかの女の人が購入したそうです。その自動車屋の社長が言うには、なんでもいいという人は、このような車を選ぶみたいです。本当はまだ乗れたのかもと思うと、ちょっと残念な気もするのでした。しかし、新車で購入したエッセは、わたしの大切な足となっています。

念願の新車購入は大満足!

昨年の3月末、増税前の駆け込みで新車を購入しました。
購入したのは、かねてより購入を検討していたスバルのフォレスターです。
レンタカー屋のアルバイト時代、レガシーに一目惚れしたことがキッカケでスバル車に興味を持ちました。
そして元よりSUVが好きだったことや、金額も含めてフォレスターに落ち着き、試乗を経て購入へと至ります。

購入の際には、レンタカー屋の営業さんを通して商談に臨みました。
何だかんだと多くのオプションを付けていき膨大なまでの金額となりましたが、営業さんの力添えもあって四十万円近くの値引きに成功。
また、商談時には施工されていなかった低金利キャンペーンを適用してくれました。
最終的に増税前ということもあって10万円キャッシュバックやプレミアムチケットなどのキャンペーンも同時に受けることができ、満足のいく内容で契約しました。

もしかしたらマツダのCX-5などのライバル車の見積もりを取っていれば、若干金額が変わっていたかもしれませんが、悔いはありません。
現在、少し支払いに四苦八苦していますが、欲しかった車かつ想像以上の走行性能ということもあって、楽しいカーライフを過ごしています。

新婚初の大きな買い物

結婚した当初にまず主人の車を買い替える話になりました。それまでに乗っていたのはフィットだったので低燃費だったし愛用していたのですが家族も増えるだろうと思って思い切って買い替えることにしました。ファミリーカーをと思っていたのですが休みの間に車屋巡りをしているうちに四駆がだんだん欲しくなってきました。結局はトヨタのハリアーかヴァンガードにしようということになりました。色々回った結果どうせなら新車がいいよねということになり人生初の大きな買い物をしました。
そして我が家にハリアーが来ることになりました。オプションを付けたりすると大分予算オーバーになってしまいましたが長く愛車にしたかったので気に入った車の方が大事に乗るだろうし日々の仕事にもやる気がでてくるだろうと思い決めました。今では購入してから5年目になりますが一度もぶつけたり事故することもなく大事に乗っています。主人は時間があるときはよく車を洗ったり掃除をするようになりました。まだまだ頑張ってもらわないといけないので大事にしていきたいです。